[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

指輪記事

ビッカース硬度と変形への耐久性について


「ビッカース硬度」とはビッカース硬さともいい、主に工業材料の硬さを表す尺度の一つです。ビッカース硬度は押込み圧力に対する堅牢さを示します。
ビッカース硬度の試験法は、まず正四角錐のピラミッド型をしたダイヤモンド製の圧子(剛体)を測定対象の表面に押し込みます。次に荷重を除いたあとに残ったへこみの対角線の長さd(mm)から表面積S(mm2)を算出します。算出した表面積S(mm2)で試験荷重F(N)を割った値が「ビッカース硬度」と呼ばれるもので、単位はHVと表記されます。大きな力で押し付けたのに小さなキズしか付かない、つまり、試験荷重が大きいのにキズの表面積が小さいという場合、ビッカース硬度の値(試験荷重÷キズの表面積)は大きくなります。つまり、HVの数値が高いほど硬い素材であると言えます。

新素材であるPt900USHのビッカース硬度試験を行った結果、平均値はHV229と高い値を示しました。(山梨県工業技術センターにより測定した結果 微小硬度試験機使用)
通常のハードプラチナ900はHV90~140です。最大HV232のPt900USHはキズに強い大変優れた素材なのです。

どれくらいの荷重で輪の変形が起こるかという変形強度試験においても、Pt900USHは優れた素材であるということが証明されています。
検証した結果、Pt900(Pd10%)の場合ですと1mm変形荷重は10.81kg、2mm変形荷重は11.09kg、3mm変形荷重は11.34kgでした。
これに対し、Pt900USHの場合1mm変形荷重は30.16kg、2mm変形荷重は31.45kg、3mm変形荷重は32.06kgと約3倍の変形強度を示しました。
(山梨県工業技術センターにより測定した結果 万能材料試験機使用)
Pt900USHは日常生活では変形しにくい強度を備えた素材であるということが言えます。
キズに強い硬度と変形に強い強度を併せ持つ耐久性に優れた素材であるということはブライダルリングとして大変重要なポイントです。大切なものですのでデザインから素材までこだわったものをおすすめします。

«前へ 次へ»
[an error occurred while processing this directive]