アトリエミラネーゼのダイヤモンド

ダイヤモンドは一つ一つ個性があり、 同じグレードでも全く違うのです。


ダイヤモンド婚約指輪を購入しようと宝飾店へ行くと、よく鑑定書を見せながら、ダイヤモンドの評価を表す「4C(ヨンシー)」について説明されます。

「ダイヤモンドの評価を表すカラット、カラー、クラリティ、カットの頭文字『C』をとって『4C』と言います。」

「カラットというのはダイヤモンドの重量なんです。
カラットが大きい方が貴重ですよ。」

「カラーはダイヤモンドの黄色味がどれくらいかを評価したものです。無色透明がいいんですよ。」

「クラリティはダイヤモンドの透明度を表します。
VS以上のクラスがいいですよ。」

「カットはダイヤモンド全体のカットバランス、研磨状態を評価したものです。
エクセレント以上のものがいいですよ。」

等々、この4Cの評価だけでダイヤモンドの価値が決まるような説明を受けます。
実際に、この鑑定書の評価だけでダイヤモンドを販売しているお店が多いのです。

ダイヤモンドの価値は本当にそれで決まるのでしょうか?
鑑定書上で同じ評価のダイヤモンドは全て同じ価値なのでしょうか?
一つでもグレードの上のダイヤモンドはよりきれいなのでしょうか?


ダイヤモンドの4Cだけでは評価されていない点が、実はとても大事なのです。

鑑定書には自然光の下で私達の目で判断する見た目の「明るさ・輝き・きらめき・美しさ」といった部分は当然表記されません 。
いくら4Cグレードの高いダイヤモンドであっても、見た目が一番きれいだとは限らないのです。


きちんとそういう部分まで説明を受け、納得されて決められたダイヤモンドであるならば問題ないと思います。
婚約指輪はこれから人生を共にする方への愛の形として、贈られる方にとっても一生ものの大切な指輪です。
大切な婚約指輪のダイヤモンドだからこそ、鑑定書に書かれている4Cで説明を終わらせるお店ではなく、
「ダイヤモンドのプロフェッショナル」からご納得されてご購入頂ければと思います。

ダイヤモンド基礎知識

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドは鑑定機関で4つの項目で評価されます。 その4つの頭文字を取って4Cといいます。

お客様は0ダイヤモンドのご購入が初めてという方がほとんどです。アトリエミラネーゼではダイヤモンドのプロフェッショナルとして経験豊富なスタッフがわかりやすくご説明させていただきます。4Cだけでは評価できないダイヤモンドの美しさについても丁寧にお話しておりますので、どうぞお気軽にご相談 ください。店頭には厳選されたダイヤモンドを多数取り揃えております。実際にお客様の目でご覧頂きながら、お好みやご予算に合わせてご提案させて頂いております。

※以下、ピンクの枠 で囲まれたグレードは当店おすすめのグレードとなります。

カラット(Carat・重量)

1カラットは約0.2gです。精密なデジタル天秤を使用し少数第3位を8捨9入し表示するか、第3位まで表示します。 一般的に婚約指輪のダイヤの大きさは0.3ct前後が多いとされています。

※図はイメージであり実際のダイヤモンドではカラット重量は異なる場合があります。

カラー(Color・色)

Dカラーを最高位としFまでをカラーレス、それ以降の黄色味の程度を含め全23段階で評価します。 ピンクやブルーなどのダイヤはファンシーカラーと言われ別の分類で評価されます。

※図はイメージであり実際のダイヤモンドではカラー等級は異なる場合があります。

クラリティ(Clarity・透明度)

顕微鏡で10倍に拡大し内外部の傷や、異鉱物などの内包物の有無、大きさ・位置・性質などを11段階で評価します。 内包物の存在はダイヤモンドがひとつひとつ異なる天然の鉱物の証とも言えます。

カット(Cut・プロポーションと研磨状態)

Excellentを最高位とし、ダイヤモンドのカットバランスと研磨状態を総合的に評価します。 カットバランスの良いダイヤはより多くの光を反射し強い輝きを放ちます。

カット

ラウンドブリリアントカット

婚約指輪に用いられる最もスタンダードなカットです。 ダイヤモンドが取り込んだ光の反射率、屈折率を計算し円形(ラウンド状)にカットされた58面体。 ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す形と言われています。

ラウンドブリリアントカット
ファンシーカット

ラウンドブリリアントカット以外のカットの総称で、オーバルやハートなどいろいろな形があります。
ファンシーカットには、一般的に以下のようなものがあります。

  • オパールブリリアントカット
  • ペアシェープブリリアントカット
  • マーキズブリリアントカット
  • エメラルドカット
  • ハートシェイプブリリアントカット
Excellent H&C (エクセレントハード&キューピット)

ダイヤモンドをテーブル面から見たとき綺麗な8本の矢、パビリオン側から見たらハートがくっきりと見えます。 美しいカットバランスの証として、ダイヤモンドの鑑定書にサブレポートを付属しています。

エクセレントハード&キューピット
3 Excellent (トリプルエクセレント)

カットがエクセレント評価で、研磨状態、対称性もエクセレントのダイヤモンドをトリプルエクセレントと言います。 最高にカットバランスの良いダイヤモンドは大変美しい輝きを放ちます。 トリプルエクセレントのダイヤモンドにはその輝きの証明書としてスパークレポートを付属しています。

Diamond Spark Report

鑑定書

アトリエミラネーゼのダイヤモンドの鑑定は日本最大手の鑑定・鑑別機関の中央宝玉研究所(CGL)に依頼しています。 アトリエミラネーゼダイヤモンドの確かな品質の保証となります。

リングの選び方

  • マリッジリング(結婚指輪)の選び方
  • エンゲージリング(婚約指輪)の選び方

PICK UP MENU

  • アフターサービス
  • サプライズプロポーズ
  • 全国どこからでも注文可能
  • よくある質問
  • 代表からのメッセージ
  • 店舗情報
スマホ PC