指輪記事

由緒ある神社のお庭

だいぶ前の話ですが、大学時代の友人の結婚式が、古都では大変有名な某神社で執り行われました。彼女とは仲が良かったということもあって、当日のスタッフとしても頼まれていたし、結婚式前からの打ち合わせなどなど私も一緒に参加させてもらう機会などもあって、印象に強く残っています。

その大きな神社には、とても立派な日本庭園があって、結婚式の日取りが季節的に、新緑のとても素敵にお庭の緑が生える季節だったということもあって、当日はその大日本庭園で、ちょっとしたお披露目のストーリー性のある2人のショー的なものを執り行う予定となりました。計画を進めていくうちに、本当に苔なども緑緑していて生き生きとして、緑の絨毯の様でとても素敵だったので、思い切って、婚約指輪と結婚指輪の披露もその大庭園でするという内容になりました。

もちろん結婚指輪の交換の儀式はちゃんと神前でするプログラムになっていて、どれをとってみても本当に素敵な趣向のある結婚式になっていました。当日も、全てが感動的で大成功で、とかくあの大庭園で行われた婚約指輪と結婚指輪のお披露目というのは、イリュージョンに近い感動さえもありました。深い濃い緑と美しく初々しく新婦の左手に輝く婚約指輪と、緑の絨毯に合わせたリングピローにのった新郎新婦の結婚指輪は、とても優雅でまさしくそれは夢心地でした。

現代では、様々な結婚式の形があり、このように歴史ある神社での結婚式を選ぶ人も少なくなってきていますが、結婚指輪の交換の儀式にしてみても、ブライダル会社に備えられた施設的な教会で行う結婚指輪の交換よりも、何だか真実味を感じるようにも思いました。

結婚指輪の交換ということ自体が、2人の永遠の愛を誓うという素敵な結婚指輪に秘められたこめられた思いであるのですから、優雅で美しくそして愛あふれる瞬間なのではありますけれど、結婚指輪の存在自体に頼らないで、結婚指輪の存在を更に素敵に輝かせれるような、このような結婚指輪のお披露目はとても素敵で大切なことのようにも、思いました。

きっと新郎新婦自身もそうで、このように印象的な婚約指輪と結婚指輪のお披露目を経験したからこそ、これから先何年何十年と月日が流れても、ずっと残っている歴史的なあの神社での風景と共に、婚約指輪と結婚指輪から受け取るパワーというのは、絶大だと思うし、婚約指輪と結婚指輪の中にこめられた思いや本来の意味というものが、正しく2人の愛や生活に反映するのではないかと、思います。毎日使う結婚指輪だからこそ、結婚指輪を目にするたびに、あの感動や景色も思い浮かんでいるのだろうなぁと思うと、羨ましい限りです。

«前へ 次へ»

指輪に関する記事

2015.03.05
情報量
2015.02.21
スタイル
2015.02.18
秘めたもの
2015.02.09
アグレッシブ
2015.02.08
メイク

リングの選び方

  • マリッジリング(結婚指輪)の選び方
  • エンゲージリング(婚約指輪)の選び方

PICK UP MENU

  • アフターサービス
  • サプライズプロポーズ
  • 全国どこからでも注文可能
  • よくある質問
  • 代表からのメッセージ
  • 店舗情報
スマホ PC