指輪記事

ハンドモデル

モデルの世界も色々ですが、ハンドモデル、髪のモデルってご存じですよね?手だけのモデル、頭髪だけのモデル・・・何だかすごいですよね。何がすごいって、パーツパーツにモデルがいるっていうことが何よりもの驚きです。

ハンドモデルをよく見かけたのは、結婚指輪の検討をし始めた頃でした。手の大きさそして指の長さから細さまで、爪の形や大きさまで、全てが見事なバランス。そしてその肌もモッチリとしてシワひとつなく、くすみなどもありません。もちろん、加工ができる時代ですので、ある程度の加工はしているとは思うのですが、あのハンドモデルに指に輝く、結婚指輪を目にしてしまうと、自然に惹かれていてしまうっていうのは、やはりモデルとしての効果が抜群だということですよね。

特に、結婚指輪の様に、シンプルなものが多くて、装飾も華美でないアクセサリーの場合は、それ単独での写真よりも、こうしてハンドモデルの指に輝く結婚指輪の方が、より生き生きとして見えるし、その他のアクセサリーに比べて貧弱な感じもしなくなるから、不思議です。それに、人肌ということもあって、無機質な結婚指輪が、一度にぬくもりを感じられるようなものへと変化するかのようです。

結婚指輪を検討している時って、同時にウェディングドレスなど、結婚式関連の用品の検討なども一緒に、開始していかなければ間に合わないというスケジュールの人も多いので、こうしてハンドモデルによる結婚指輪の写真や記事があると、とても参考になるし、何よりも実感ができ想像もしやすくなるんですよね。こういう実際の視覚的な見本がないと、なかなか想像しようにも想像できないところがあるし、ましてや結婚指輪ですから、初めての検討初めての購入っていうお客さまばかりだと思うのです。

初めてだからこそ、こうしてハンドモデルの指に輝く結婚指輪を目にして、ときめくものだし、具体的な想像がしやすくなることで、テンションも上がり、初めての結婚指輪の購入ということで楽しみ半分、プレッシャーもあることと思いますが、そんな気持ちも一気に楽になるものでしょう。具体的な想像ができるって、商品の購入の時には大きなポイントとなるものなんですよね。特に結婚指輪のように、高額なお買い物となると尚更に人は迷うものなので、このような具体例は嬉しいものですね。まあ、ハンドモデルの手があまりにも自然体の美しさであるために、自分の手で試着したときに、一気に現実に引き戻されてしまうようで(笑)辛いというのも、笑い話でよく耳にしますが、人の幸せを導く素敵なお仕事だなって思います。

«前へ 次へ»

指輪に関する記事

2015.03.05
情報量
2015.02.21
スタイル
2015.02.18
秘めたもの
2015.02.09
アグレッシブ
2015.02.08
メイク

リングの選び方

  • マリッジリング(結婚指輪)の選び方
  • エンゲージリング(婚約指輪)の選び方

PICK UP MENU

  • アフターサービス
  • サプライズプロポーズ
  • 全国どこからでも注文可能
  • よくある質問
  • 代表からのメッセージ
  • 店舗情報
スマホ PC