指輪記事

海水浴

プールなどではなく海水浴に出かける時の持ち物って、結構困りませんか?ビーチなどで置いたままに海水浴するのは、盗難等を懸念してしまいますし、ちょっと隠れるようにしてタオルなどで覆っておいても、やっぱり気になって楽しいことに集中できない!っていう人も多いのではないでしょうか。

車の鍵や携帯電話、カメラや小銭ならまだしも、昼食用にお札などなど・・・どれを取っても、盗難や紛失の恐れを想定せずにはいられないものばかりですよね。そして意外とみなさんが迷うのが、海水浴中の結婚指輪らしいです。海水浴にあたって、結婚指輪をあらかじめ外しておくのかどうかというところで。海水浴の時だからと、わざわざ結婚指輪を指から外さない人も多いそうなんですが、プールの様に水も透明ではないし、範囲が決まっているわけでもなければ、自然の波の流れも水の不意な勢いだって海にはあります。

また、水圧もプールに比べて、自然におこる波などの分、体中にかかる圧力が強いと言われているので、サイズがピッタリ合った結婚指輪だからと安心している人でも、その水圧に押されて結婚指輪が抜けやすいという現象も起こってきます。また、水の中や水しぶきの中で、結婚指輪が指から外れて海の中へ落ちたことにも、気づく人も少ないでしょう。気づいたところで、いくら浅瀬であったとしても・・・海中の中で結婚指輪を探すというのは、無謀に近いものがありますけれどね。

そして、海中の中には岩肌のある部分も多いですからね、不意に指先が岩肌にあたってしまったりして、怪我をする人だって少なくないのですから、結婚指輪に傷がいってしまうことだって、大いにかんがえられるというわけなんです。そしてその他の懸念としては、海水による結婚指輪の素材変色でしょう。これはもちろん結婚指輪の素材によって懸念度合いも違ってくるのですけれども、重々に考えられることだと思います。

ここまで書いていると、こんなにも懸念しなければならないことがあるのならば、迷わず結婚指輪をあらかじめ外しておこうって人が多いのでは?と、誰もが感じるでしょうけれど・・・例えばハネムーン中の海水浴という時だったら、どうでしょう?写真などのことを考えると、やっぱり2人でお揃いの結婚指輪をはめて、海外の綺麗な海で仲良く記念撮影をして一生の思い出にしたいわってなるのも、当然の心理なんですよね。普段と環境違うところでの結婚指輪の取り扱い、人それぞれではありますが、ついうっかり、なんて事からのハプニングにならないように、よく考えて自分たちなりの行動が取れるといいですよね。

«前へ 次へ»

指輪に関する記事

2015.03.05
情報量
2015.02.21
スタイル
2015.02.18
秘めたもの
2015.02.09
アグレッシブ
2015.02.08
メイク

リングの選び方

  • マリッジリング(結婚指輪)の選び方
  • エンゲージリング(婚約指輪)の選び方

PICK UP MENU

  • アフターサービス
  • サプライズプロポーズ
  • 全国どこからでも注文可能
  • よくある質問
  • 代表からのメッセージ
  • 店舗情報
インスタグラム Twitter
スマホ PC